メインページ > Web NDL Authoritiesについて > 一括ダウンロード用ファイル

一括ダウンロード用ファイル


1. 利用条件 | 2.収録範囲 | 3. ダウンロード用ファイル



非営利目的の利用の場合、申請なしでご利用いただけます。下記に提示する2点の「利用条件」に同意の上、ご利用ください。営利目的の場合は、個別に審査が必要ですので、「お問い合わせ」のフォームからご一報ください。

1. 利用条件

本データをご利用の際は以下の二点をお守りください。
  1. 非営利の目的に限ります。
  2. 本データを利用した成果物を公表する場合、本サービスが提供したデータであることを明示してください。

2. 収録範囲

収録範囲は以下のとおりです。
  1. 国立国会図書館件名標目表(NDLSH)」の収録範囲となる普通件名および一部の固有名件名
  2. 細目
※1.と2.は、平成17年以前は冊子体、それ以降は当館ホームページ上でPDFファイルとして提供してきた「国立国会図書館件名標目表(NDLSH)」の収録範囲に一致します。NDLSHの収録対象外となる個人名・団体名等の典拠データは含まれません。
※Web NDLSHで提供してきた細目付き件名(従来のNDLSHの収録対象である一部細目付き件名は除く)は提供範囲に含まれませんので、ご注意ください(参照:「Web NDLSHからの変更点」)。

3. ダウンロード用ファイル

ファイル形式は下記の二種類で、データの新規追加、訂正、削除については、日次で自動更新されます。目的に応じご活用ください。
RDF/XML形式データのフォーマット仕様については、「RDFモデルについて>4.RDF/XML形式によるフォーマット仕様」のページの「地名・統一タイトル・普通件名のRDF/XMLフォーマット仕様」をご参照ください。

TAB区切りテキスト形式データには表1の項目が含まれます。複数値ある場合は、「;」で連結して表示します。
表1 TAB区切りテキスト形式データの項目
項番 項目名 内容
1 件名標目 典拠データの標目形。(細目付き件名の主標目と細目、または細目同士は2つの半角ハイフン「–」で連結しています。)
2 標目よみ 標目のカタカナ読み。
3 ID 典拠データ固有の番号。
4 同義語 標目の「を見よ」参照形。カタカナ読みがある場合は、[ ]に入れて続けて表示されます。
5 上位語 標目の上位語。標目後にID を<>に入れて表示します。
6 下位語 標目の下位語。標目後にID を<>に入れて表示します。
7 関連語 標目の関連語。標目後にID を<>に入れて表示します。
8 注記 注記(「をも見よ」参照の指示、地理区分の可否等も含む)が表示されます。 
9 分類記号(NDLC) 標目に付与された代表分類のうち国立国会図書館分類表(NDLC) によるもの。
10 分類記号(NDC9) 標目に付与された代表分類のうち日本十進分類法(NDC)第9版によるもの。
11 参照(LCSH) 米国議会図書館典拠番号(The Library of Congress Control Number; LCCN)。
12 参照(BSH4) 基本件名標目表(Basic Subject Headings; BSH)のID (レコード識別番号)。項目4の「同義語」に表示される参照形とBSHの標目形が一致する場合のみ表示されます。
13 出典(BSH4) 当該典拠データの標目形と基本件名標目表(Basic Subject Headings; BSH)の標目形が一致する場合に、そのBSHのID を表示します。
14 出典 標目確立の根拠となった初出資料のタイトル等や、標目形を確定する際に根拠とした参考資料名等を表示します。
15 編集履歴 標目訂正に関する情報。
16 作成日 当該典拠データの新規作成日。W3CDTF形式で表記されます。
17 最終更新日 当該典拠データの最終更新日。W3CDTF形式で表記されます。

▲このページの先頭へ