メインページ > Web NDL Authoritiesについて > RDFモデルについて

RDFモデルについて


1. 典拠データのRDFモデルについて | 2. 記述に使用する語彙 | 3. 読みの表現 | 4. RDF/XML形式によるフォーマット仕様

1. 典拠データのRDFモデルについて


1-1. 個人名・家族名・団体名

典拠データのうち、個人名・家族名・団体名については、典拠を維持管理するための情報(典拠情報)と、その典拠によって記述される対象(名称実体)の2レベルでモデルを構成しています。これは、個人名・家族名・団体名の典拠データで記述される名称実体が、Agentクラスを値域とするdcterms:creatorのインスタンスとして使用され、典拠情報とは別に名称実体そのものの識別子等の情報が必要であると考えられるためです。
典拠情報と名称実体は「名称実体は典拠情報の主トピック(foaf:primaryTopic)である」という関係によって結びつけます。
標目「夏目, 漱石, 1867-1916」の典拠データ(典拠ID :00054222)は、RDF/Turtle形式では以下のとおり表現されます。
@prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#>.
@prefix rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#>.
@prefix owl: <http://www.w3.org/2002/07/owl#>.
@prefix skos: <http://www.w3.org/2004/02/skos/core#>.
@prefix xl: <http://www.w3.org/2008/05/skos-xl#>.
@prefix rda: <http://RDVocab.info/ElementsGr2/>.
@prefix frbrent: <http://RDVocab.info/uri/schema/FRBRentitiesRDA/>.
@prefix foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/>.
@prefix ndl: <http://ndl.go.jp/dcndl/terms/>.
@prefix dct: <http://purl.org/dc/terms/>.

<http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00054222>
	foaf:primaryTopic <http://id.ndl.go.jp/auth/entity/00054222>;
      rdf:type <http://www.w3.org/2004/02/skos/core#Concept>;
	dct:modified "2010-08-03T10:44:00";
	dct:created "1979-04-01";
	xl:prefLabel [xl:literalForm "夏目, 漱石, 1867-1916";ndl:transcription "ナツメ, ソウセキ, 1867-1916"@ja-Kana,"Natsume, Soseki, 1867-1916"@ja-Latn];
	rdfs:label "夏目, 漱石, 1867-1916";
	dct:source "坊ちゃん","文化人名録 第26版";
	skos:inScheme <http://id.ndl.go.jp/auth#personalNames>;
	xl:altLabel [xl:literalForm "夏目, 金之助";ndl:transcription "ナツメ, キンノスケ"@ja-Kana,"Natsume, Kinnosuke"@ja-Latn;dct:description "本名"],[xl:literalForm "Natsume, Soseki"],[xl:literalForm "Soseki Natsume"].
         skos:exactMatch <http://viaf.org/viaf/"sourceID" /NDL%7C00054222>.

<http://id.ndl.go.jp/auth/entity/00054222>
	rdf:type <http://xmlns.com/foaf/0.1/Person>;
	foaf:name "夏目漱石";
	rda:dateOfBirth "1867";
	rda:dateOfDeath "1916".

典拠情報は、基本要素が全て文書として記述可能であり、URIにアクセスすることで直接データを取得できる「情報リソース」として扱います。一方、名称実体は、それ自身ネットワーク経由で取得することのできるものではないため、ウェブのアーキテクチャにしたがい、直接参照可能なURI を与えることはしません。名称実体のURIは、303転送型URIとし、参照されるとHTTP コード303(see other)を返して、典拠データのURIにリダイレクトします。

(例)個人名典拠「夏目, 漱石, 1867-1916」(典拠ID :00054222)のURI
     ↓

1-2. 地名・統一タイトル・普通件名・細目

地名・統一タイトル・普通件名・細目は、使用が想定されるdcterms:subjectの値域に特に指定がないこと、また、標目により記述されるのが一般的な概念ではなく、あくまで当館の典拠データの体系内における概念であり、標目の記述と新規作成年月日や更新年月日といった管理情報を区別する必要はないことから、典拠情報のみの1レベルでモデルを構成しています。
標目「セマンティックウェブ」の典拠データ(典拠ID :01017771)は、RDF/Turtle形式では以下のとおり表現されます。
@prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#>.
@prefix rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#>.
@prefix owl: <http://www.w3.org/2002/07/owl#>.
@prefix skos: <http://www.w3.org/2004/02/skos/core#>.
@prefix xl: <http://www.w3.org/2008/05/skos-xl#>.
@prefix rda: <http://RDVocab.info/ElementsGr2/>.
@prefix frbrent: <http://RDVocab.info/uri/schema/FRBRentitiesRDA/>.
@prefix foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/>.
@prefix ndl: <http://ndl.go.jp/dcndl/terms/>.
@prefix dct: <http://purl.org/dc/terms/>.

<http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/01017771>
         rdf:type <http://www.w3.org/2004/02/skos/core#Concept>;
	dct:modified "2005-11-28T14:34:25";
	dct:created "2005-11-16";
	xl:prefLabel [xl:literalForm "セマンティックウェブ";ndl:transcription "セマンティックウェブ"@ja-Kana,"Semantikkuebu"@ja-Latn];
	rdfs:label "セマンティックウェブ";
	dct:source "セマンティックWeb / 斎藤信男, 萩野達也 監訳 ; Dieter Fensel, James Hendler, Henry Lieberman, Wolfgang Wahlster 編","goo辞書 (200511)";
	skos:inScheme <http://id.ndl.go.jp/auth#topicalTerms>;
	xl:altLabel [xl:literalForm "セマンティクウェブ"],[xl:literalForm "Semantic Web"];
	skos:relatedMatch <http://id.ndl.go.jp/class/ndlc/DK341>,<http://id.ndl.go.jp/class/ndlc/ND633>,<http://id.ndl.go.jp/class/ndc9/547.483>,<http://id.ndl.go.jp/class/ndc9/694.5>;
	skos:related <http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/01017770>,<http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00981806>,<http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00575010>;
	skos:broader <http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00841024>;
	owl:sameAs <http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/セマンティックウェブ>;
         skos:closeMatch <http://id.loc.gov/authorities/subjects/sh2002000569>.
 
<http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/01017770> rdfs:label "オントロジー (情報科学)".
<http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00981806> rdfs:label "メタデータ".
<http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00575010> rdfs:label "情報検索".
<http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00841024> rdfs:label "インターネット".
                                                   

▲このページの先頭へ


2. 記述に使用する語彙


典拠情報の記述には、以下の語彙を使用します。

  • SKOS-XL:標目、別名(「を見よ」参照)、同義語(注1)
  • SKOS:上位語、下位語、関連語、注記、典拠種別
  • DC-NDL:別名(「をも見よ」参照)、読み
  • RDFS:表示用ラベル(標目)
  • Dublin Core:出典、新規作成日、最終更新日
  • FOAF:典拠情報と名称実体との関係表現
  • OWL:普通件名のラベル型URI

名称実体の記述には、以下の語彙を使用します。

(注1)SKOS-XLを用いる理由は、以下の二点です。
(1)優先ラベル(=標目)と代替ラベル(=別名(「を見よ」参照)・同義語)という区別があり、ラベルを構造化して読みを与えるという要件を満たす。
(2)すべての典拠データで優先ラベル・代替ラベルの表現方式を共通化することにより、利用者の利便性が向上する。

(注2)同種のデータは、同一のプロパティで表現することで利用者の利便性が向上するため、名称実体の種別により語彙を変えることはせず、foaf:nameで統一します。

(注3)名称実体の種別(rdf:type)は、個人、団体の場合はFOAFのクラスであるPersonOrganizationを、家族はFRBR Entities for RDA のクラスであるFamilyを用います。FRBR Entities for RDA にも、PersonCorporateBodyクラスが定義されていますが、より普及しているFOAFのクラスを採用します。

▲このページの先頭へ


3. 読みの表現


読みを付加する優先ラベル(=標目)と代替ラベル(=別名(「を見よ」参照)・同義語)の表現には、SKOS拡張のskosxl:prefLabelskosxl:altLabelをそれぞれ使用します。読みの記述には、DC-NDLで定義されるdcndl:transcriptionの語彙を使用します。典拠レコードでは、カタカナ読みとローマ字読みの二つの読みを保持しており、それぞれ言語属性”ja-Kana”と”ja-Latn”を用いて区別します。

▲このページの先頭へ


4. RDF/XML形式によるフォーマット仕様


以下に、RDF/XMLフォーマット仕様を「個人名・家族名・団体名」「地名・統一タイトル・普通件名・細目」の二つに分けて表に示します。
RDF_XML形式によるフォーマット仕様_個人名・家族名・団体名(PDF 139KB)(平成27年1月13日更新)
RDF_XML形式によるフォーマット仕様_地名・統一タイトル・普通件名・細目(PDF 127KB)(平成29年3月23日更新)

▲このページの先頭へ