メインページ > Web NDL Authoritiesについて > 利用条件

利用条件


Web NDL Authoritiesの著作権は、特記されていない限り、国立国会図書館に帰属します。ご利用にあたっては、当館ホームページの「サイトポリシー」「書誌データの利用について」記載事項に加え、以下の点にご留意ください。

1. Web NDL Authoritiesの利用条件

(1) 典拠データの利用

どなたでも申請なしで、以下の方法により典拠データをご利用いただけます。なお、典拠データには、氏名や生年等の個人情報を含みます。ご利用の際は、取扱いに十分ご注意ください。典拠データに含まれる個人情報の取得方法および典拠データの作成・提供に関しては、「書誌データに含まれる個人情報」をご確認ください。また、当データを利用した成果物を公表する際には、Web NDL Authoritiesから取得したデータであることを明示してください。


(2) Web NDL Authoritiesトップページ並びに各コンテンツへのリンク

Web NDL Authoritiesへのリンクは自由です。Web NDL Authorities内の各ページにリンクされる場合は、そのページがWeb NDL Authorities内にあることが分かるように明記してください。
なお、リンクされる際には、以下のバナーをお使いいただけます。

国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)

▲このページの先頭へ

2. 免責事項

Web NDL Authoritiesの利用またはリンク先サイトを利用されたことに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問わない)について、国立国会図書館は責任を負いません。また国立国会図書館外部サイトにリンクしている場合、国立国会図書館はそのリンク先サイトの内容の正確性を保証するものではありません。

▲このページの先頭へ