メインページ > お知らせ

Web NDL Authoritiesの機能を拡張しました/Functions of Web NDL Authorities has been renewed

2022年9月1日

著作典拠の検索結果一覧に創作者を表示

著作典拠の検索結果一覧に創作者を表示しました。同じタイトルの著作や、同じ名称の普通件名などとの区別がしやすくなります。

細目のない普通件名のみを表示する絞り込み検索を追加

検索結果一覧に新たな絞り込み検索ボタン「細目なし」を追加しました。「普通件名」の下に配置されており、「細目なし」で絞り込みを行うと、細目なしの普通件名のみを表示できます。

トップページに典拠データ総数を表示

トップページに種別ごとの典拠データ総数を表示しました。データ数は毎月1日に更新されます。
Web NDL Authorties日本語版トップページ画像

Creators are added in search results for works

Creators are added in search results for works. This makes it easier to distinguish between works with the same title, and between a work and a topical term with the same name as the work.

The new search refinement button, “without subdivision” has been added

The new search refinement button, “without subdivision” has been added. The “without subdivision” button is located below the “Topical Term” button, and allows you to refine your search results to show only topical terms without subdivisions.

Number of authority data is displayed on the front page

The number of authority data by type is displayed on the front page. The number of authority data is updated on the first day of each month.

Figure of Wen NDL Authorities top page.

アンケートにご協力ください(9月1日から11月30日まで)/Questionnaire for users of Web NDL Authorities (Period: From Sept. 1 to Nov. 30, 2022)

2022年9月1日

今後のサービスの充実を図るため、国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)に関するアンケートを実施しています。 各質問項目では、回答の際に参考になるように、Web NDL Authoritiesの機能や使い方について、図やリンクでわかりやすく例示しています。ぜひお気軽にご参加いただき、ご意見をお聞かせください。

Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)に関するアンケート(アンケートのページへリンク)

期間:令和4年9月1日(木曜日)から令和4年11月30日(水曜日)まで
    ※回答所要時間は全体で5分から10分程度です。 ※回答は統計的に処理するため、個別のデータが明らかになることはありません。また、回答データをこのアンケートの目的以外に使用することはありません。
過去のアンケート結果は以下のページをご覧ください。
  • 平成30年度遠隔利用者アンケート結果について―Web NDL Authorities (『NDL書誌情報ニュースレター』2019年3月2019年1号(通号48号))
  • 平成28年度遠隔利用者アンケート結果について―Web NDL Authorities (『NDL書誌情報ニュースレター』2017年3月2017年1号(通号40号))
  • お問い合わせ:国立国会図書館 収集書誌部収集・書誌調整課(autdataエヌディーエルアットマークピリオドジーオーピリオドジェーピー)

    We are now conducting an opinion survey targeting users of Web NDL Authorities. Please help us improve this service by responding to the questionnaire.

    Take the survey (in Japanese)(Open in new window)

    Period From Sept. 1 to Nov. 30, 2022

      * This is an anonymous survey. It will take about 5 to 10 minutes to complete. * Answers are processed statistically and individual answers are not linked to the respondent. Also, the data will not be used for any purpose other than this survey.

    不具合が解消しました:現在一部の普通件名で、ダウンロードしたデータに不具合が生じています。/The problem has been resolved: There is a problem with downloaded data of some Topical Terms.

    2022年7月21日

    最終更新日が2021年9月27日以降の普通件名のダウンロードデータに生じていた不具合が解消しました。当該普通件名が上位語・下位語・関連語を持つ場合、典拠データをダウンロードすると、上位語・下位語・関連語のURIの一部が欠落していましたが、次の例のとおり、当該URIはすべて修正されました。

     

    例:普通件名「歴史博物館」のRDF/Turtle形式ダウンロードデータにおける関連語「博物館」及び上位語「歴史」のURI

     

    (修正前)
    <http://id.ndl.go.jp/auth//00562853> rdfs:label “博物館”.
    <http://id.ndl.go.jp/auth//00569368> rdfs:label “歴史”.

     

    (修正後)
    <http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00562853> rdfs:label “博物館”.
    <http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00569368> rdfs:label “歴史”.

     

    URIの欠落は、次のデータで発生していました。

    • 該当する典拠データの個別ダウンロード(RDF/XML形式、RDF/Turtle形式、JSON-LD形式)
    • NDLSHの一括ダウンロード用ファイルのうち、RDF/XML形式のファイル

     

    最終更新日が2021年9月27日以降の普通件名で上位語・下位語・関連語を持つ典拠データをダウンロードした方は、典拠を再度ダウンロードしていただきますよう、お願いいたします。

     

    ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

     

     

    The problem with the downloaded data of the Topical Terms whose last update date is September 27, 2021 or later has been resolved. When the Topical Terms have Broader Terms, Narrower Terms, and Related Terms, downloading the authority data resulted in a part of the URI of Broader Terms, Narrower Terms, and Related Terms missing. But as in the following example, all such URIs have been corrected.

     

    Example: the Related Term “博物館” and the Broader Term “歴史” in the RDF/Turtle format downloaded data of the Topical Term “歴史博物館”.

    (Before)
    <http://id.ndl.go.jp/auth//00562853> rdfs:label “博物館”.
    <http://id.ndl.go.jp/auth//00569368> rdfs:label “歴史”.

     

    (After)
    <http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00562853> rdfs:label “博物館”.
    <http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/00569368> rdfs:label “歴史”.

     

    These missing URIs occurred in the following data:

    • Individual download of such authority data (RDF/XML format, RDF/Turtle format, and JSON-LD format)
    • RDF/XML format files within NDLSH batch download files

     

    If you have downloaded the data of the Topical Terms with Broader Terms, Narrower Terms, or Related Terms whose last update date is September 27, 2021 or later, we ask that you download the data again.

     

    We apologize for any inconvenience.

    TLS 1.0/1.1による暗号化通信を無効化します(予告)/Ending TLS 1.0/TLS 1.1 support

    2022年2月7日

    Web NDL Authoritiesでは、セキュリティ対策として、2022年7月20日からTLS1.0/TLS1.1による暗号化通信を無効化します。
    TLS 1.2に対応していない端末(フィーチャーフォン等)やブラウザ等の環境からは、Web NDL Authorities(SPARQL、新設件名等のRSSを含む)をご利用いただけなくなります。
    TLS 1.2に対応した環境からのアクセスをお願いいたします。

     

    <対象となるウェブサイト>
    Web NDL Authorities(https://id.ndl.go.jp/auth/ndla)

    <対象となるAPIサービス等>
    SPARQL (https://id.ndl.go.jp/auth/ndla)
    SPARQL 1.1 (https://id.ndl.go.jp/auth/ndla/sparql)
    新設件名等のRSS配信 (https://id.ndl.go.jp/auth/data/ndlsh-rss.rdf)

     

    本作業は、TLS 1.0/1.1による暗号化通信を無効化することにより、第三者によるデータの盗聴・なりすまし・改ざんなどのリスクを軽減することを目的としています。
    ご不便をおかけしますが、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

     

     

    As of July 20, 2022, Transport Layer Security (TLS) 1.0 and 1.1 will no longer be supported by the following web services to enhance security:

     

    Web NDL Authorities(https://id.ndl.go.jp/auth/ndla)
    SPARQL(https://id.ndl.go.jp/auth/ndla)
    SPARQL 1.1 (https://id.ndl.go.jp/auth/ndla/sparql)
    RSS Feed Notifications of New Subject Headings, etc. (https://id.ndl.go.jp/auth/data/ndlsh-rss.rdf)

     

    After support is ended, older browsers not compatible with TLS 1.2 will be unable to access these web services.

    Thank you for your understanding.

    ジャンル・形式用語のURIが変わりました/ The URI assigned to Genre/Form Term has been changed.

    2021年9月29日

    ジャンル・形式用語の名前空間をndlshからndlgftに変更したため、URIが次のとおり変わりました。

     

    例:ジャンル・形式用語典拠「議会資料」(典拠ID:001347333)のURI
    (変更前)http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/001347333
    (変更後)http://id.ndl.go.jp/auth/ndlgft/001347333

     

    また、ジャンル・形式用語に名称/タイトルの文字列を使用したURIを併せて付与するようになりました。

     

    例:ジャンル・形式用語「漫画」のURI
    http://id.ndl.go.jp/auth/ndlgft/漫画

     

    詳細は「機能説明>2.URIによるリンク」をご覧ください。

     

     

    The URI assigned to Genre/Form Term has been changed as name space changed from ndlsh to ndlgft.

     

    Example: URI for “議会資料” (ID:001347333)
    Old URI: http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh/001347333
    New URI: http://id.ndl.go.jp/auth/ndlgft/001347333

     

    And Genre/Form Term came to have a URI using the literal value of the “Name/Title” as well as a URI with ID.

     

    Example: URI for “漫画”
    http://id.ndl.go.jp/auth/ndlgft/漫画

     

    Please refer to the “Description of Functions” page for further details.

    国立国会図書館ホームページに「典拠データを使った資料検索:Web NDL Authoritiesガイド」を公開しました/How to Use Web NDL Authorities (in Japanese) page in the NDL website is available.

    2021年7月30日

    国立国会図書館ホームページに、Web NDL Authoritiesのサービスについて、典拠データの機能を用いた資料の検索サービスを中心に紹介するページを公開しました。
    典拠データを使って国立国会図書館オンラインを的確に検索する方法や、典拠データを使用した検索と国立国会図書館オンラインの詳細検索画面で著者名等に直接キーワードを入力した検索との違いについて、具体例を挙げて解説しています。
    典拠データをあまりご存じない方、Web NDL Authoritiesをどう使ったらよいのかよくわからないという方は、ぜひご参照ください。

     

    典拠データを使った資料検索:Web NDL Authoritiesガイド(国立国会図書館ホームページへリンク)

     

     

    The new page in the National Diet Library (NDL) website introducing how to use of Web NDL Authorities is available on the following URL.

     

    典拠データを使った資料検索:Web NDL Authoritiesガイド(How to Use Web NDL Authorities) (in Japanese) (link to the NDL website)

     

    This page introduce about how to search for relevant bibliographic data in collaboration with NDL Online, and differences form search results when you use NDL Online advanced search screen.

    「著作典拠について」のページを公開しました/List of Authority Data for Works is available

    2021年6月3日

    国立国会図書館は2021年1月から、著作典拠の作成・提供を開始しています。

    著作典拠について紹介する「著作典拠について」のページを公開しました。

    「著作典拠について」のページの「2.著作典拠一覧」では、Web NDL Authoritiesで現在提供している著作典拠の一覧が表示できます。

     

  •  

    National Diet Library makes and provides authority data for Works from January 2021.

    The new page introducing the authority data for Works is available on the following URL.

    A list of authority data for Works updated daily is available via SPARQL1.1. To get the list, please refer to “2. 著作典拠一覧” in the page of “著作典拠について” (in Japanese).

     

  • Web NDL Authoritiesの機能を拡張しました/Functions of Web NDL Authorities has been renewed

    2021年1月4日

    書誌データ検索における連携先の変更

    書誌データ検索の連携先を、国立国会図書館サーチから、国立国会図書館検索・申込オンラインサービス(国立国会図書館オンライン) に変更しました。
    詳細情報画面に表示されるリンクボタン(著者名検索、件名検索、著作検索、ジャンル検索)から、国立国会図書館オンラインの書誌データ検索結果一覧画面に遷移します。

    著作、ジャンル・形式用語の典拠データの提供開始

    提供対象に、「著作」「ジャンル・形式用語」の典拠データを追加しました。
    「著作」とは、資料として具体化される前の作品のアイディアそのものを表す概念です。著作の典拠データの詳細情報画面には、その著作が具体化された資料を検索する「著作検索」リンクボタンと、その著作をテーマにする資料を検索する「件名検索」リンクボタンが表示されます。
    また、「ジャンル・形式用語」とは、その資料が「何であるか」を表す統制語彙で、「漫画」、「児童図書」などのように、資料の内容の類型や様式を表します。ジャンル・形式用語の典拠データの詳細情報画面には、「ジャンル検索」リンクボタンが表示されます。
    どちらの典拠データも当面の間、原則として2021年1月以降に作成する書誌データを対象としています。

    日本古典籍総合目録データベースとの連携開始

    著作の典拠データの詳細情報画面に、新たに「日本古典籍総合目録データベース 」(国文学研究資料館 のデータベース)へのリンクを追加しました。Web NDL Authoritiesの著作の典拠データから、同じ古典作品の日本古典籍総合目録データベースの著作レコードを参照することができます。

    図:Web NDL Authoritiesからのリンクイメージ(注)

    (注)図の典拠データは、実際のものとは異なります。

    Collaboration between Web NDL Authorities and NDL Online

    Patrons are able to search bibliographic data in NDL Online by clicking a link shown in the detailed information page of Web NDL Authorities. This replaces the function that was available in NDL Search.

    New Authority data for Work and Genre/Form Term

    Authority data for Work and Genre/Form Term is available. A “Work” is a distinct intellectual or artistic creation—that is, the intellectual or artistic content. In the “Work” page, two link buttons for “Work” and “Subject” are available. “Genre/Form Term” is controlled vocabulary which is used to describe what a resource is. In the “Genre/Form Term” page, the “Genre” button is available.

    Collaboration with Union Catalogue of Early Japanese Books

    Some authority data for Japanese classic works links to the Union Catalogue of Early Japanese Books, the database created by the National Institute of Japanese Literature.

    Figure:Image of links from Web NDL Authorities

    グラフィカル表示機能を改善しました/Graphical Display function has been renewed

    2020年2月20日

    ウェブアクセシビリティの観点から、色の違いによらず識別できるように、上位語・下位語・関連語の項目ごとに枠線の種類を変更しました。
    上位語は実線、下位語は粗い点線、関連語は細かい点線でそれぞれ区別して表現されます。

    図:グラフィカル表示画面

    From the viewpoint of web accessibility, the types of borders have been changed.
    Solid lines show Broader Terms, dashed lines show Narrower Terms, and dotted lines show Related terms.
    Due to this change, the type of figures can be recognized regardless of their colors.

    Figure:Graphical Display

    セキュリティ対応を行いました/Network security has been improved

    2019年8月29日

    セキュリティ強化のためにSSL/TLSへの対応を行いました。
    これにより国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)の全ページのURLが、httpからhttpsに変わります。

    (トップページ変更前)
    http://id.ndl.go.jp/auth/ndla

    (トップページ変更後)
    https://id.ndl.go.jp/auth/ndla

    ※切替後 、HTTPによるアクセスはHTTPSへリダイレクトいたします。
    ただし、当面の間、コンテンツネゴシエーションによりRDF/XML等を要求するアクセス(「Accept」要求ヘッダー「text/html」と「*/*」のいずれも含まれない場合)はリダイレクトを行わずHTTPで返戻します。
    ※セキュリティの観点上、HTTPSでのアクセスを推奨いたします。
    ※各典拠を識別するURIは、http://のままで変更ありません。

    The URL of all pages of Web NDL Authorities has been changed from http to https.

    Top page
    Old URL:
    http://id.ndl.go.jp/auth/ndla

    New URL:
    https://id.ndl.go.jp/auth/ndla

    *Access via HTTP will be redirected to HTTPS.
    For the time being, access requesting RDF/XML through content negotiation will be returned over HTTP without HTTPS redirection.
    *For security reasons, it is recommended to access via HTTPS.
    *The URI identifying each authority remains http://.