メインページ > お知らせ > 漢字一文字とひらがな・カタカナが混在している典拠データの検索機能を改修しました

漢字一文字とひらがな・カタカナが混在している典拠データの検索機能を改修しました

2014年3月6日

3月6日に、「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」の検索機能の改修と、LCSHのリンク先URIの変更を行いました。

検索機能の改修


これまで、システムの制約上、漢字一文字とひらがな・カタカナが混在している典拠データをキーワード検索する際に、典拠データの一部が検索できない場合がありました。
例)「さいたま市」で検索→「さいたま市」「映画館–さいたま市」はヒットするが、
                                 「さいたま市––人口」「さいたま市教育委員会」がヒットしない。
                                  (「サイタマシ」では検索可能)
     「北アメリカ」で検索→「北アメリカ」「北アメリカ–案内記」はヒットするが、
                「家族––北アメリカ」がヒットしない。
                 (「キタアメリカ」では検索可能)

そのため、部分一致用の検索インデックスを追加し、上記の例でも検索結果に表示されるよう、改修を行いました。

ただし、以下のように、引き続きヒットしないケースもありますのでご注意ください。
例)「さいたま市」で検索→「さいたま市立中央図書館」がヒットしない。
                 (「さいたま」「市立」で検索インデックスが生成されているため)
               ⇒「さいたま」「さいたま市立」で検索することにより検索可能。

検索の詳細については、ヘルプもご覧ください。

LCSHのリンク変更


今回の改修と合わせて、LCSH(米国議会図書館件名標目表)へのリンク先のURIが変更されました。
例)http://id.loc.gov/authorities/sh85076502#concept
     ↓
  http://id.loc.gov/authorities/subjects/sh85076502

これはLC(米国議会図書館)のURI設計変更によるものです。なお、これまでのURIも新URIに転送されるため、リンク切れは生じません。