メインページ > Web NDL Authoritiesについて > Web NDL Authoritiesについて

Web NDL Authoritiesについて


1. サービスの概要 | 2.典拠データとは | 3. 典拠データの提供範囲・作成基準 | 4. 典拠データの作成・提供における個人情報の取扱いについて | 5. 利用上の注意


1. サービスの概要

 
「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」は、国立国会図書館が維持管理する典拠データを一元的に検索・提供するサービスです。

典拠データを「キーワード検索」「分類記号検索」により検索できるほか、全典拠データの個別ダウンロード、国立国会図書館件名標目表(NDLSH)の収録範囲となる典拠データの一括ダウンロード用ファイルの利用が可能です。

また「国立国会図書館サーチ」と連携し、関連キーワードの提示、典拠コントロールされた各標目による書誌データの再検索など、多様な検索機能を提供しています。

Web NDL Authoritiesは、ウェブ上の情報資源に意味の明確なデータを付与し、機械的な意味処理を目指す「セマンティック・ウェブ」の技術に対応しています。セマンティック・ウェブに適合した記述モデルであるRDFをデータの記述に使用し、URIにより各典拠データを参照可能であるほか、SPARQLによる検索もサポートしています。

典拠データの新規追加、訂正、削除については、日次で自動更新されます。また、国立国会図書館件名標目表(NDLSH)収録範囲の新設件名等についてRSS配信によってお知らせする機能もあります。

▲このページの先頭へ


 

2. 典拠データとは

 
国立国会図書館では、利用者が求める資料を探し出せるように、タイトル、著者等を記録した書誌データを作成しています。書誌データには、著者名や件名として記録する人物、団体、テーマ等に複数の表記方法や同義語がある場合は一つにまとめ、同じ名称で異なるものを指す場合はそれぞれ区別して検索ができるように、「標目」を付与します。
これらの「標目」を統制するために、標目の別表記や同義語、標目として選んだ根拠を示す資料等の情報をまとめて記録したのが「典拠データ」です。

 
著者の表記   標目
シェークスピア

シェイクスピア

シェークスピヤ

シェイクスピア, ウィリアム

沙士比阿
Shakespeare, William, 1564-1616

標目「Shakespeare, William, 1564-1616」の典拠データ

典拠種別 個人名
標目 Shakespeare, William, 1564-1616
を見よ参照 シェークスピア
シェクスピア
シェイクスピア
シェイクスピア, ウィリアム
沙士比阿
出典 マクベス
 
典拠データの各項目については、「ヘルプ > 表2 詳細画面項目表」を参照ください。

▲このページの先頭へ


 

3. 典拠データの提供範囲・作成基準

 
当サービスでは、現在、国立国会図書館が維持管理しているすべての典拠データを提供します。具体的には「個人名」「家族名」「団体名」「地名」「統一タイトル」「普通件名」および件名に使用する「細目」の典拠を含みます。件名典拠については、「細目付き件名」も提供範囲に含めています。

典拠データは、「著者名典拠」と「件名典拠」に大別されます。個人名と団体名および国名、行政単位に該当する地名典拠については、「著者名典拠」と「件名典拠」で同一のファイルを使用しています。

著者標目作成作業にあたっての選択・形式基準については、「個人名標目の選択・形式基準 (2012年1月以降)」「団体名標目の選択・形式基準(2012年1月以降) 」でご覧いただけます 。

件名標目作成および付与の作業指針については、「国立国会図書館件名作業指針(2016年3月現在)」(PDF: 1.45MB)「国立国会図書館件名標目表 細目一覧(2016年3月現在)」(PDF: 720KB)でご覧いただけます。

▲このページの先頭へ

 


4. 典拠データの作成・提供における個人情報の取扱いについて

 
当サービスで提供対象となる個人名典拠データにおける個人情報の取扱いについては、「書誌データにおける個人情報の取扱い」のページをご参照ください。

▲このページの先頭へ


 

5. 利用上の注意

 
Web NDL Authoritiesのサービスをご利用いただく上でご注意いただきたい点は以下のとおりです。
  • Web NDL Authorities内の著作権は、国立国会図書館に帰属します。利用条件等に関しては、「利用条件」のページをご覧ください。
  • Web NDL Authoritiesは、平成22年6月に公開した「Web版国立国会図書館件名標目表(Web NDLSH)」の提供範囲に名称典拠(個人名、団体名、家族名、地名および統一タイトル)を加えて、機能を拡張したものです。Web NDLSHとの変更点につきましては、「Web NDLSHからの変更点」のページをご覧ください。

▲このページの先頭へ