メインページ > Web NDL Authoritiesについて > ヘルプ

ヘルプ

以下では、操作方法(主に検索方法)と各画面表示について説明します。


1. トップページからの検索 | 1-1. キーワード検索から探す | 1-2. 分類記号検索から探す | 2. 検索結果画面 | 2-1. 検索結果一覧画面 | 2-2.詳細情報画面


1.トップページからの検索

典拠データを検索するには、下の画像に示すように、「1-1. キーワード検索から探す」「1-2. 分類記号検索から探す」の2通りの方法があります。

Web NDL Authoritiesトップページ画面
図1:Web NDL Authoritiesトップページ(キーワード検索)画面

1-1.キーワード検索から探す
図1の「1-1.キーワード検索」のボックス内に、キーワードを入力して検索してください。
検索窓の下にあるチェックボックスで、「名称のみ」「普通件名のみ」の選択ができます。「名称のみ」では個人名・家族名・団体名・地名・統一タイトル、「普通件名のみ」では普通件名・細目に絞り込んで検索をかけることができます。

1-1-1. 検索対象について
検索対象は、標目形、標目形のカタカナ読み・ローマ字読み、参照形、参照形のカタカナ読み・ローマ字読みです。
個人名の検索でヒットしない場合は、姓と名の間にスペースを入れて再検索をしてください。
読みによる検索は、分かち書きした形を検索インデックスとしている関係で、分かち書きをする/しないにより、検索結果に違いが生じます。分かち書きをしないでヒットしない場合は、分かち書きをして検索してください。

例)
“ID ” : 00054222
標目:夏目, 漱石, 1867-1916 (ナツメ, ソウセキ, 1867-1916)を検索したい場合
「ナツメソウセキ」→ヒットせず
「ナツメ△ソウセキ」→ヒットする

1-1-2. 正規化処理について
以下の文字については、検索時には同じ記号とみなされ、区別されません。検索ボックスにどちらを入力しても同じ結果を取得できます。
    • ひらがな/カタカナ、英数字の全角/半角/大文字/小文字、基本ラテン文字/拡張ラテン文字
    • 「ッャュョァィゥェォヮ」/「ツヤユヨアイウエオワ」(ひらがなも同様)
例)「ギリシャ」で検索すると「ギリシヤ」もヒットする。
「カッテ」で検索すると「カツテ」もヒットする。
    • 濁点(「゛」)/半濁点(「゜」)/濁点・半濁点なし
例)「パリ」で検索すると、「パリ」と「バリ」がヒットする。
    • 「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ」/「バ、ビ、ブ、ベ、ボ」
例)「ヴァイオリン」で検索すると、「バイオリン」もヒットする。
    • 異体字
例)「渡辺」で検索すると、「渡邉」も「渡邊」もヒットする。

以下の記号は、無視されます。
<半角記号>
‘(半角アポストロフィ)、 +(半角プラス) 、.(半角ピリオド) 、`(半角アクサングラーブ)、-(半角ハイフン)
<全角記号>
・(中黒)

例)
“ID ” : 00564245
標目「遺跡・遺物」を探す場合、「遺跡遺物」でも「遺跡・遺物」でもヒットする。

上記以外の半角・全角記号は、スペースと同様の扱いとなり、記号の前後でAND検索が実行されます。

例)
“ID ” : 00276855
標目「AT&Tベル研究所」を探す場合、「AT&Tベル研究所」で検索すると、「AT△Tベル研究所」(△はスペース)で検索したことになる。「ATTベル研究所」で検索してもヒットしない。

1-1-3. 前方一致検索について
検索語の最後に半角アスタリスク「*」または全角アスタリスク「*」をつけることで、前方一致検索ができます。

例)「日本歴史*」で検索→「日本歴史学会」「日本--歴史--1945-1952」のように、「日本歴史で始まる」ものがヒット。

1-1-4. 制約事項について
システムの制約上、漢字一文字とひらがな・カタカナが混在している典拠データの検索をキーワード検索する際に、典拠データの一部が検索できない場合があります。
例)「さいたま市」で検索→「さいたま市立中央図書館」がヒットしない。
(「さいたま」「市立」で検索インデックスが生成されているため)
⇒「さいたま」「さいたま市立」で検索することでヒットします 。

▲このページの先頭へ


1-2. 分類記号検索から探す
「分類記号検索」タブに切り替えると、下図のとおり、分類記号検索画面が表示されます。

Web NDL Authoritiesトップページ(分類記号検索)画面
図2:Web NDL Authoritiesトップページ(分類記号検索)画面

「分類記号検索」では、地名、統一タイトル、普通件名の典拠データに付与された日本十進分類法(NDC)第9版、NDC第10版、国立国会図書館分類表(NDLC)の代表分類から検索することができます。ドロップダウンリスト(図2の(a))で「NDC9/10」「NDC9」「NDC10」「NDLC」のいずれかを選択することができます。完全一致による検索のほか、検索語の最後に半角アスタリスク「*」または全角アスタリスク「*」をつけることで、前方一致検索ができます。

例)「ME352」で検索→代表分類がME352の「阿賀川」などがヒット。

例)「ME*」で検索→代表分類がME129の「雨」、ME352の「阿賀川」など、「代表分類がMEで始まる」ものがヒット。

検索窓の下にあるチェックボックス(図2の(b))で、「名称のみ」「普通件名のみ」に、検索範囲を絞り込むことができます。「名称のみ」では地名と統一タイトル、「普通件名のみ」では普通件名に絞り込んで検索をかけることができます。

▲このページの先頭へ


2. 検索結果画面

2-1. 検索結果一覧画面
検索を実行すると、図3に示すように検索結果を一覧形式で表示します。画面は、(a)検索条件、(b)絞り込み検索(典拠種別)、(c)ページ送り、(d)検索結果のパートに分かれています。以下、各パートについて順番に説明します。

検索結果一覧画面
図3:検索結果一覧画面
表1:検索結果一覧画面のパート名とその説明
番号 項目名 説明
(a) 検索条件 直近の検索条件を表示します。
絞り込み検索を実施した場合には、「検索対象:」の後に絞り込み対象とキーワードを表示します。
(b) 絞り込み検索(典拠種別) 典拠種別(個人名・家族名・団体名・地名・統一タイトル・普通件名・細目)を利用して検索結果を絞り込むことができます。「すべて」をクリックすると絞り込みを解除できます。
(c) ページ送り 数字はページ数を示しており、数字をクリックすると、そのページ数に、「<<前」「次>>」をクリックすると、直前・直後のページに移動します。
(d) 検索結果 検索語と標目形が完全一致した典拠が最上部に表示されます。その他の検索結果は、標目読み順にソートして表示しています。
検索結果の表示書式は以下の通りです。「をも見よ」参照形は、個人名と団体名のみ表示されます。
—————————————-
標目形    典拠種別
→: 「をも見よ」参照形
← 「を見よ」参照形
—————————————-

▲このページの先頭へ


2-2.詳細情報画面
検索した典拠データの詳細情報を1件ずつ表示します。図4に示すように(a)詳細情報、(b)グラフィカル表示、(c)検索ボックス、(d)国立国会図書館のサービスの4つのパートに分かれています。以下、順を追って説明します。

詳細情報表示画面
図4:詳細情報表示画面
2-2(a). 詳細情報
「詳細情報」タブにおいて表示されるデータ項目は下表のとおりです。項目別に、項目名とそのデータ内容を説明します。
表2:詳細画面項目表
項番 項目名 内容
1 “ID” 典拠データ固有の番号。
2 典拠種別 典拠データの種類(個人名・家族名・団体名・地名・統一タイトル・普通件名・形式細目・主題細目)。
3 標目 典拠データの標目形。カタカナ読みはルビとして表示されます。(ルビの表示はブラウザに依存しています。)細目付き件名の主標目と細目、または細目同士は2つの半角ハイフン「--」で連結しています。
4 別名(を見よ参照) 個人名・家族名・団体名・地名・統一タイトル の「を見よ」参照形。ルビとしてカタカナ読みが表示されます。(ルビの表示はブラウザに依存しています。)個人名・団体名において、名称の種類(旧称・新称・略称・本名など)が記録されている場合は、「森林太郎(本名)」のように、名称の種類が括弧つきで付記されます。
5 同義語 地名・普通件名・細目の「を見よ」参照形。ルビとしてカタカナ読みが表示されます。(ルビの表示はブラウザに依存しています。)
6 別名(をも見よ参照) 個人名・家族名・団体名・統一タイトルの「をも見よ」参照形。名称の種別が「新称」「旧称」「本名」である場合は、項目名の後に種別を示す文字列が表示されます。
7 上位語 地名・普通件名の上位語。リンクをクリックすると、当該語を標目とする典拠データに遷移します。
8 下位語 地名・普通件名の下位語。リンクをクリックすると、当該語を標目とする典拠データに遷移します。
9 関連語 地名・普通件名の関連語。リンクをクリックすると、当該語を標目とする典拠データに遷移します。
10 参考(rdf:seeAlso) 主標目としても使用される細目(例:年鑑)が、細目付き件名に含まれている場合(例:eマーケティング--年鑑)、主標目と細目に分割され、それぞれの典拠データへのリンクが表示されます。(ただし、分割された典拠データが地名典拠である場合や、統一タイトル、地名の細目付き典拠(例:万葉集--植物、イギリス--人口--歴史)の場合はリンクしていません。)
11 生年 個人名典拠に記録されている個人の生年。
12 没年 個人名典拠に記録されている個人の没年。
13 専攻 個人名典拠に記録されている個人の専攻。
14 職業・経歴 個人名典拠に記録されている個人の職業・経歴等。
15 設立年 団体名典拠に記録されている団体の設立年。
16 廃止年 団体名典拠に記録されている団体の廃止年。
17 期間 団体が廃止後に再度設立された場合の団体の活動期間。
18 来歴 団体名典拠に記録されている団体の来歴等。
19 分類記号 地名・統一タイトル・普通件名に付与された代表分類。NDC第9版、NDC第10版、NDLC(どの分類記号であるかは括弧内に付記)のリンクをクリックすることにより、同一の分類記号を代表分類とする典拠データの一覧表示画面に遷移します。
20 関連リンク 米国議会図書館典拠番号(The Library of Congress Control Number; LCCN)、基本件名標目表(Basic Subject Headings; BSH)のID (レコード識別番号)があります。LCCNの場合は(例)「sh92002816 (LCSH)」の形で表示され、LC Linked Data Serviceのページにリンクします。BSHのID が表示されるのは、項目5の「同義語」に表示される参照形とBSHの標目形が一致する場合のみです。日本図書館協会によるウェブでのBSH提供が行われていないため、BSHへのリンクは表示されません。
21 出典 標目確立の根拠となった初出資料のタイトル等と、標目形を確定する際に根拠とした参考資料名等を表示します。
22 関連リンク/出典 原則的に全ての名称典拠(個人名、家族名、団体名、地名、統一タイトル)について、当館の典拠ID を使用したURLにより、バーチャル国際典拠ファイル(Virtual International Authority File; VIAF)へリンクします。ただし、「万葉集—植物」「イギリス—案内記」のような細目付き典拠と、当館で新規に作成されてVIAFへの登録が完了していない典拠に関しては、VIAFへのリンクが表示されますが、リンク先を参照することができません。
典拠データにLCCNが入力されている場合は(例)「n78095332 (LCNAME)」の形で表示され、LC Linked Data Serviceのページにリンクします。
また、当該典拠データの標目形と基本件名標目表(Basic Subject Headings; BSH)の標目形が一致する場合に、そのBSHのID を表示します。日本図書館協会によるウェブでのBSH提供が行われていないため、BSHへのリンクは表示されません。
23 注記 注記(「をも見よ」参照の指示、地理区分の可否等を含む)が表示されます。著者標目として使用している典拠のうち、機械的に生成されたものには「機械抽出典拠」、遡及入力時に作成されたものには「遡及入力典拠」と表記されています。件名標目として使用している典拠のうち、和図書で使用実績がない場合は「和図書不使用」と表記されています。
24 編集履歴 標目訂正に関する情報。
25 作成日 当該典拠データの新規作成日。W3CDTF形式で表記されます。
26 最終更新日 当該典拠データの最終更新日。W3CDTF形式で表記されます。
27 外部サイトへのリンク 名称典拠のうち、個人名・家族名・団体名典拠の場合は、名称と同一の文字列が含まれるWikipedia(日本語版)ページの検索結果一覧へのリンクが表示されます。地名・統一タイトル・普通件名の場合、標目形と同一の文字列がWikipediaの項目名にある場合のみ、当該Wikipediaページへのリンクが表示されます。文字列のマッチングおよびリンク生成は機械的なものであり、国立国会図書館においてWikipediaの情報の信頼性を保証するものではありません。

▲このページの先頭へ


2-2(b). グラフィカル表示
詳細情報表示中の典拠データに上位語・下位語・関連語が含まれている場合は、グラフィカル表示が可能です。グラフィカル表示のタブに切り替えると、図5のとおり、シソーラス構造を図示したものが表示されます。

グラフィカル表示
図5:グラフィカル表示

▲このページの先頭へ


2-2(c). 検索ボックス
トップページの検索ボックスと同様、新たな検索を開始するための検索ボックスです。
当該典拠データの標目形が表示されます。

2-2(d). 国立国会図書館のサービス
「著者名検索」「件名検索」の各リンクボタンから、当該典拠データにリンクする「国立国会図書館サーチ」に収録された書誌データの一覧画面に遷移します。当該典拠データのID を用いて、国立国会図書館サーチに検索をかけています。
著者標目と件名標目の双方で使用される「個人名」「団体名」「地名」については、「著者名検索」「件名検索」の二つのリンクボタン、件名標目として使用される「家族名」「統一タイトル」「普通件名」については、「件名検索」のリンクボタンがそれぞれ表示されます。
なお、「細目」については、「国立国会図書館サーチ」のリンクボタンが表示され、国立国会図書館サーチのトップ画面に遷移します。

詳細表示画面(個人名)
図6:詳細表示画面(個人名)

▲このページの先頭へ