メインページ > お知らせ > JSON-LD形式のデータが取得できるようになりました/Authority data can be downloaded in JSON-LD

JSON-LD形式のデータが取得できるようになりました/Authority data can be downloaded in JSON-LD

2017年9月19日

従来のJSON形式の典拠データをJSON-LDとして利用できるようになりました。
「@context」や「@id」等のキーワードを用いています。

JSON-LDは、JSON形式でLinked Dataを表現する仕様です。W3Cにより「JSON-LD 1.0」として勧告されています。

例)「夏目, 漱石, 1867-1916」の典拠データ(典拠ID:00054222)のURI
http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00054222.json

詳細情報画面の「JSON-LD」のリンクからも取得できます。

なお、SPARQLによる検索結果のJSON形式は、従来どおりです。




JSON documents can be interpreted as JSON-LD by referencing a context via an HTTP Link header.

JSON-LD is a JSON-based format to serialize Linked Data. “JSON-LD 1.0” is a W3C Recommendation.

Example:
URI for “夏目, 漱石, 1867-1916” (ID:00054222)
http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00054222.json

You can download the authority data file in JSON-LD by clicking the links at the bottom of the Detailed Information pages.

SPARQL query results in JSON remain unchanged.